« 2012年1月 | トップページ | 2013年2月 »

東京マラソン完走しました!

26日に開催された東京マラソン2012runに参加しました。
第一次抽選でハズレ、2次で当選shine出来て本当に嬉しかったです!大会まで練習をしっかりしようと思いフルや30㎞の大会にエントリーしましてモチベーションを上げました。

当日朝7時半過ぎに都庁前に到着し去年はtoiletトイレ渋滞で整列地点に間に合わなかったので早めにトイレを済まして整列しました。
今回はGブロックからのスタートです。9時10分号砲bellは聞こえませんでしたが、自分の時計でストップウォッチを押して計測しました。そしてようやく石原都知事のいるスタート地点にたどり着きました。ロスは8分位でした。

声援が途切れなくて本当に盛り上がっていました。都庁から新宿歌舞伎町を走り市ヶ谷に向かう途中にオードリーの春日を発見happy01ピンクの前身タイツで走っていまして目立っていましたimpact
最初の5㎞は30分切っていまして周りのペースに合わせていたら結構いい感じで走れました。その後も順調に走り品川の折り返しに来まして18㎞付近で仲間の私設エイドに来ました。ここでは休憩し栄養補給して走り出しました。本当に嬉しかったです。

20㎞過ぎて中間地点の銀座まで来ました。まだ㎞6分台で順調に走っていますが後半はバテそうな気がしました。少し足が上がらなくなっていましてペースも6分台を維持出来なくなってしまい7分台になったりと疲れも出てきましたが声援のパワーを頂き頑張って走りました。
浅草に近づくといよいよ完成する東京スカイツリーが大きく見えてきました。皆さん写真撮影していましたが自分は止まったら動けなくなりそうな気がしたので今回は撮影はしませんでした。

30㎞を過ぎてトイレに並びまして約5分以上待ちましたがボランティアの女子高校生が飴を渡してくれて「頑張って下さいねhappy01」と、声援されてあと10㎞ちょっと頑張れそうな気がしましてそこからはペースも少し上がっていました。
35㎞~40㎞は㎞6分台後半で走り最後の力を振り絞りゴールのビッグサイトにたどり着きました。
結果は4時間40分45秒で歩くことなく無事に走り、ロスを除けば十分なタイムでゴールできたと思います。
皆さんの声援、ボランティア、スタッフなどたくさんの人たちに助けられゴール出来て大満足ですhappy01
また来年も当たって走りたいと思います。まずはしっかり走ることから頑張ります。


| | コメント (0)

東京マラソン受付会場に来ました。

東京マラソン受付会場に来ました。
日曜日走りますのでビッグサイトにやって来ました〜!

| | コメント (0)

青梅マラソン完走しました


19日に開催された第46回青梅マラソンに参加してきました。
新宿から河辺までの臨時快速「青梅マラソン号」で指定席で快適に現地入りしました。河辺駅に着くと大混雑でホームから改札を抜けて階段を下りて出口まで15分近くかかりました。でも時間に余裕があったので安心して会場入りしました。

受付を済ませ準備しトイレ渋滞もあるので早めにトイレに並び15分くらいでした。その後は準備運動などでスタート地点に向かいました。ゼッケンは9500番台という事でかなり後ろです。スタート地点は全く見えません。
アナウンスではゲストの紹介があり女子レスリングの吉田沙保里さんがスターターで見送ってくれるそうでロンドンオリンピックに向けて大変な中感謝です。
11時半いよいよスタート、なんとスタート地点通過まで8分半以上掛かりました。吉田選手に手を振りいよいよスタートです。
しかし渋滞がひどくなかなか進みません。1㎞地点では曲がり角のためか渋滞で歩いてとうとう止まったりもしました。
何とか走り出せて最初の5㎞は31分40秒、この渋滞の中でもまずまずの走りが出来て上り坂でも頑張って走ろうと思いました。沿道には青梅線沿いという事でたくさんの声援を受けて走りました。
10㎞も31分台で通過しほぼ6分台前半で走れていました。
15㎞の中間では1時間35分台で通過しここからは下りになるんでちょっとペースを上げて走りました。日差しも気持ち良く風がちょっと冷たかったのですが元気に走る事が出来ました。
20㎞では29分27秒と㎞6分を切れていました。下り坂だからですがこのまま行ければなぁ…なんて思いましたが25㎞では31分47秒と上りもあったせいか落ちていました。

あと5㎞と㎞表示もカウントダウンの表示となり頑張って走りました。前のランナーに付いていくぞ!と決めペースを上げて青梅市役所辺りからは更に頑張って走りましてラストスパートまではいきませんが無事ゴールしました。
自分の時計では3時間7分41秒でした。ロスを入れるとこんな感じでした。

5km 00:40:18
10km 01:11:53(3016位)
15km 01:43:58(2968位)
20km 02:13:26(2822位)
25km 02:45:14(2666位)
タイム 03:16:09
(ネットタイム 03:07:41)

↑青梅マラソン公式サイトより

帰りも青梅マラソン号で快適に新宿まで帰りましてその後友人と飲み会で楽しく過ごしました。来週は東京マラソンです!頑張って走りたいと思います。

| | コメント (2)

いわきサンシャインマラソン完走しました。

Securedownload0


先日2月12日に福島県のいわきで開催された「第3回いわきサンシャインマラソン」runに参加してきました。
前日入りでないと間に合わないので仕事を終えて夕方特急trainでいわき入りしました。

当日朝ホテルを出るとひんやりというか寒い…wobbly送迎バスで会場入りし準備してスタート地点で待っていると震災の方たちへの黙とう、そしてアナウンスでゲストの増田明美さん、東洋大の柏原竜二君が挨拶して会場を盛り上げていました。
9時スタート、ロスは2分半と順調な走りだしでした。最初の5㎞は33分台と周りに合わせて走っていました。沿道にはたくさんの声援をして頂き元気を頂きました。
そして8㎞付近で人だかりが出来ていたのでなんだろう?と、思ったら柏原君がいましてランナーとタッチしていまして自分もタッチしてもらいました。箱根も走れるんじゃないか?と、いうくらいの元気をもらいました。

9㎞地点で嬉しい声援を受けまして頑張らなきゃって思いました。年配のご夫婦が

「いわきに来てくれてありがとう!」って…

その時思わずグッときちゃいまして「ありがとうございます。頑張ります!」とお礼を言いました。地元の方は大変な思いをされていて自分なんか走るだけなのにこんなに応援して頂けるなんて本当に嬉しかったです。

コースも海岸線沿いに入り折り返してくるランナーともすれ違い第一折り返しでは大漁旗、神輿で出迎えてくれまして嬉しかったです。

20㎞は2時間15分でほぼ予想通りの走りになったのですが、中間地点手前の上り坂でキツくてちょっと歩いちゃいました。そしてエイドではトマトなど充実した食事を摂りました。ここでは少し休憩し後半に備えました。

25㎞付近はフル、10㎞のゴール地点のそばという事でたくさんの声援を受けました。少し走ると震災で津波の影響を受けた漁港を通りまして、まだ震災の爪痕も残っていまして開催してもらえた事に感謝し走りました。

30㎞は3時間半くらいで通過し工業地帯の中を走ります。広い道路に走りやすさも感じました。この辺りではストレッチもして、エイドでは止まってしっかり栄養を摂りながらだったので、35㎞通過で40分掛かっていました。
5時間は微妙な感じになりましたが、諦めずに走りまして40㎞通過では36分とペースも上がっていましてあと2㎞ちょっと更にペースを上げまして走ったのですが27秒及ばす、5時間00分27秒で無事ゴールしました。
ロスを差し引けば5時間切り出来たので満足です。

震災からまもなく1年ですが、まだ復興までは時間がかかると思います。自分が出来る事をしっかりと考えようと改めていわきに行ったことで実感できました。観光でもまだまだ大変だと思いますが早く元気な福島になってほしいです。
がんばっぺ いわき、福島 …のロゴを見掛けてその通りだと思いました。マラソン以外でも遊びに行って応援したいです。

| | コメント (2)

勝田マラソン完走しました。

1月29日茨城県の勝田で開催された「勝田マラソン」に参加しました。

前日入りし友人と焼きトン屋で食事をして翌日に備えました。美味しくってついビールbeerが進んじゃいました。
当日朝ホテルから会場までは近かったのでゆっくりと準備し受付しに行きました。会場では自衛隊の演奏をやっていて盛り上がっていました。
スタートが10時30分、ロスも結構ありましたが元気にスタートしました。周りについて行ったら㎞6分位のペースの中走っていました。海に近いという事で風も強かった感じでしたが、ランナーがたくさんいたので風よけになったおかげで気持ち良く走れた気がします。
中間地点は2時間4分で通過していまして順調な走りが出来ました。23㎞付近で消火?コース横の物置小屋から火が出ていまして消防車が消火活動していました。煙がコース上に流れてきて煙の中を走らないといけない状況でした。息を止めて我慢したのですが、煙を吸ってしまいました。身体にも匂いが染み付いてしまいその後はなんかペースも落ちてしまって勢いも無く、30㎞以降は歩いてしまったりとスタミナの無さを実感しました。

結果は4時間35分台とまぁこんなものかな?って感じです。まだまだ後半の体力がないから練習して頑張りたいと思います!

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2013年2月 »